夏至

2016年6月21日、今日は「夏至(げし)」です。
夏至は、一年のうちでもっとも日中(昼間)が長い日です。
これから暑い夏が始まるこの頃からすでに(つまり、明日から)
だんだんと日が短くなっていく、というのは、
少し不思議な気持ちです。

花畑園芸公園は、園内で果樹栽培をしているめずらしい公園です。
夏至にまつわる果物がないか調べてみました。

あいにく、これといった果物はみつからなかったのですが(残念)、
「いちじく」生産量全国1位の愛知県では、
夏至に「いちじく」の田楽(でんがく)を食べる風習があるとのこと。
まさかそんな食べ方があるとは!!

実は、福岡県も全国4位という「いちじく」生産が盛んな地域でもあるので、
「いちじく」が比較的、手に入りやすい地域だと思います。

今年の夏、「いちじく田楽」を試してみるのもいいかもしれませんね。

花畑園芸公園でも もちろん「いちじく」を栽培・収穫しています!!
販売は8月中旬頃でしょうか。

『花畑マルシェ』で販売する果物速報は、
フェイスブックでお知らせいたしますので、
ぜひ「ページいいね!」を押して情報をいち早く受け取ってくださいね。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
花畑園芸公園Facebook
 https://www.facebook.com/hanahataengei/

00721_2008_0923_IMG_0534

 

 

 

 

 

*写真は果物ナビ様よりお借りしています。

<果物ナビ> http://www.kudamononavi.com/

 

 

花畑園芸公園のフルーツたち

今年4月から売店が展望台1階に移り、
「花畑マルシェ」としてオープンしました。

マルシェとは、日本で言う「市場(いちば)」というフランス語です。

花畑園芸公園では、園内で栽培し、
園内で収穫したフルーツを園内で販売する、という、
福岡市の公園施設の中で唯一の場所なんですよ!

近隣の方の中には「毎日来ているよ」という常連さんもいらっしゃるのですが、
博多区、とか、東区、とか、ちょっと距離が離れると、
花畑園芸公園の存在すらご存じない方が多いことに気づかされます。

もっともっとたくさんの福岡市民のみなさまに愛される公園になりたい!
もっともっと花畑園芸公園で採れた新鮮もぎたてフルーツを味わって欲しい!

・・・日々、そういう想いを胸いっぱいに抱えながら、
あちらこちらで花畑園芸公園のPRをさせていただいたり、
友人知人との会話の中で花畑園芸公園の話をしてみたり、
小さな一歩を積み重ねています。

どこまで届くだろうか、この想い・・・
愛おしいフルーツたちが
たくさんの方においしく食べていただけますように♪

旬のフルーツは命の恵みです。

この時期は、桃・すもも・やまももが収穫されています。
花畑園芸公園の魅力は、同じフルーツでもその品種が多岐にわたっていること。
梅雨が明けるまではすももの種類がいろいろと楽しめます。
梅雨が明ければ、そろそろぶどうの季節到来!

ほんとうにどの季節も楽しみです!!
IMG_1475 IMG_1471 IMG_1470

桃と李(スモモ)を販売中です!

本日(6月14日(火))の「花畑マルシェ」(花畑園芸公園展望台1階・売店)には
「桃(早乙女)」「スモモ(大石早生)」が仲良く並んでいます。

桃もスモモも、バラ科サクラ属のフルーツで、原産地は中国だそうです。
どちらも便秘を解消してくれたり、鉄分が含まれていたりして、
女性の強い味方でもある初夏の可愛らしいフルーツ。

見た目どおり、とてもデリケート
女性と同じで、「冷えること」もとても苦手なフルーツなので、
基本的に、食べる直前に冷蔵庫で冷やすようにしてくださいね。

保存は常温で、
できれば新聞紙にそっと優しくくるんで保存しましょう。
手で触れたところから傷んできやすくなります。

保存期間もそれほど長くはありません。
どうぞ早めに美味しく食べてください♪
IMG_1424

お客様からのお写真

時々、花畑園芸公園内のお写真とメッセージをくださる荒木様
ありがとうございます。
いつも珍しい情報をピックアップして送ってくださるのですが、
今回、なんと、「野うさぎ」のお写真です!!

野生の動物は動きが早いし、いつ遭遇するかわからないので、
このお写真はとても貴重なショットだと思います。
警戒心のつよいウサギですから、
このあとどこかにササッと隠れてしまったのだろうと想像します。

花畑園芸公園は美味しい果物がたくさんあるせいか、
はたまた、山のふもとだから当たり前のことなのか、
自然に生活している動物がどうやらあちこちにいる様子。

ウサギをはじめ、たぬきやイノシシ、アライグマやアナグマなど、
いつも美味しいものを狙っているようです。

美味しいものが大好きな筆者は彼らに負けないように
収穫された果物の販売日を狙っているのですが
買いそびれてしまうこともあります(笑)

花畑園芸公園にはカメラを抱えた方が多く足を運んでくださいます。
お花や景色の写真を撮られる島次郎様からのお写真も
時々紹介させていただいております。

また、ご自身のブログやフェイスブックなどで
花畑園芸公園の魅力を掲載していらっしゃる方も多数いらっしいます。
よかったらハッシュタグ(「#」)をつけてつながり合いましょう!!

13384820_228841920836121_788741922_n

ユーストリーム「CHACHACAH放送局」出演!

福岡を中心に、
子づれ家族の強い味方「子づれでCHA・CHA・CHA」他、
情報誌等を製作している(株)フラウさん
https://www.facebook.com/frau8830/)とのご縁があり、
ユーストリームチャンネル「CHA・CHA・CHA放送局」
出演させていただきました。

花畑園芸公園は、南区周辺ではとても知名度が高く、
毎日足を運んでくださる方もたくさんいらっしゃるのですが、

少し地区を離れると
「名前は知っているけれど行ったことがない」という声が多くなり、

もう少し離れると
「知らない」「はなはた?はなばたけ?」などと
言われてしまうこともしばしば・・・。

うーん、これではいけません!

子どもから大人まで楽しんでいただける、
花とフルーツにあふれた花畑園芸公園の魅力を
少しでも多くの人に知っていただきたくて、あちこちにでかけ、
毎日汗だくになっている、花畑園芸公園広報室、、、
努力が報われる日が来ますように!!

ユーストリーム「CHA・CHA・CHA放送局」
■前半:http://www.ustream.tv/recorded/87981544
■後半:http://www.ustream.tv/recorded/87981677


  ~出演こぼれ話~
この広報担当者は幅広い社会経験があり、珍しい経歴を持っています。
なんと
この社長とも顔見知り。
後半には思わず濱砂社長がびっくりする話題を持ち出します・・・(汗;
知りたい方はCHA・CHA・CHA放送局をご覧ください

IMG_1280

アライグマ(害獣)について

アライグマがでてきました。
特定外来生物に指定されておる憎き畜生であります。
背振山系での分布が近年急増しており、
福岡市の農地、宅地の食糧を主
栄養源にしている個体も増えてきました。

人間の食するものを食する生物は害獣、害虫などと言いますが、
当然、人間も生物である以上、
食物を得るには他の生物との競争が存在しております。

見る分には大変に愛らしいものでありますが、
手が器用なものですから大変にやっかいであります。

果実のなる時期、
福岡では鉄砲で撃つことが許可されているシーズンではありませんが、
どうにか策を講じなければ、
奴らグルメですので美味しいものから無くなっていきます。

ただ、あまり頭は良くないというか、
単純な性格なので、
その他のイノシシ、イタチ、ハクビシン、サルなどよりは
対処の方法も割と単純なもので大丈夫だと思います。

(指導員:鶴田祐一郎)

福岡市HP・アライグマ対策について⇒http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/k-chosei/hp/sizenkankyou/araiguma.html

13315570_875610199234074_7965695681961487609_n

小さな生命の息吹を

IMG_0923今日は蒸し暑いですね。
もうすぐ雨が降るようです。
まだ外は明るいのですが、
どうやら遠くでゴロゴロと雨の合図の音がしているようです。

花畑園芸公園にはお花が好きな人、果物の販売を楽しみにしている人、
遠足、ピクニック、散歩や登山など、
さまざまな目的で多くの方が来園してくださいます。

特に、カメラを持って植物や昆虫、
景色をとってくださっている方がたくさん来てくださいます。

いつかこの花畑園芸公園の中で写真の展示会を開催できたらいいだろうなぁ、と
思っています。

お花の名前やその特徴、集まってくる昆虫、
果樹の成長を季節を追って写真におさめてみたり・・・・

目を凝らさないと見えない、耳をすませないと聴こえない、
そして、感じ取ろうとしなければ気づかずに過ぎてしまう
その生命の循環を瞬間的に切り取って、
命の神秘さえも感じていただけたらいいなと思うのです。

グリーンピアなかがわのFBにはそんな写真のアルバムがありますよ。
小さな命の息吹をお写真でどうぞ。
ご興味があるかたはぜひご覧になってください♪

https://www.facebook.com/グリーンピアなかがわ-244777178957437/photos

(グリーンピアなかがわ:木下緑化建設株式会社指定管理施設)

さつき盆栽展示会

花畑園芸公園内フルーツハウス(管理棟横)では、
本日(20日)から3日間、『さつき盆栽展示会』が開催されます!

会場を入ると思わず、
「うわぁ~!素敵!」と感嘆の声を上げてしまうほど、
素晴らしいさつき盆栽の数々が並んでいます!!

さつき盆栽会会員の方が常駐されて
熱心に説明をしてくださいます。

どれもこれも素晴らしく、
その良さをひとつひとつお伝えしたいのだけれど、
写真ではこの感動が伝わらないのが残念・・・なので、

ぜひ会場で実際の「さつき盆栽」をご覧になってくださいね!!

ほんとうに感動しますよ!!!


『さつぎ盆栽展示会』 

2016年5月20日(金)~22日(日) 9:00~16:30
花畑園芸公園内フルーツハウス
入場無料

※毎日、先着30名様に苗ポットをプレゼント!!!

IMG_0970 IMG_0960 IMG_0961 IMG_0964

 

 

宿り木

オトメツバキに「宿り木」が!!

<Wikipediaより抜粋>
  果実は冬季に鳥に食われる。果実の内部は粘りがあり、
  種子はそれに包まれているため、鳥の腸を容易く通り抜け、
  長く粘液質の糸を引いて樹上に落ちる。
  その状態でぶら下がっているのが見られることも多い。
  粘液によって樹皮上に張り付くと、そこで発芽して樹皮に向けて
  根を下ろし、寄生がはじまる。

ケルト神話・北欧神話では宿り木は「幸福・安全・幸運をもたらす」聖なる木と
されていて、縁起の良い植物だそうですが、果たして勝手に寄生されてしまった
宿主さんはどんな心持なのでしょうか?(笑)
宿り木

今日(16日)はかなり雨が強く降っています。
時折、強い風も吹き、傘をしっかり持っていないと飛ばされそうです。
車が横を通り過ぎるたびに、パシャーンッと水しぶきがかかるのが
ちょっとやっかいな雨模様。

地震で被害があった場所は大丈夫でしょうか?
今でもなお避難生活が続いている方も大勢います。
余震が毎日のようにあっているのも気になります。

この宿り木のように、お互いが共存しあい、協力し合いながら
雨風をしのぎ、晴れた日には太陽を浴びて、
基本的な生活を取り戻していけたら、と願っています。

 
 

バラの花ことば

IMG_0863

 

 

 

 

 

 

 

 

花畑園芸公園の指導員の山木良泰さん
バラの手入れを愛情こめておこなっています。

花畑園芸公園のことはなんでも知っているほど、すべてに詳しい山木さん。
毎日、朝早くから園内をくまなく巡回し、花や果樹、通路の清掃、
園内の安全確認まで、シャキシャキと働く姿や丁寧な仕事ぶりは
ほんとうに尊敬します。

IMG_0869IMG_0868バラ園に咲く、約50種類のバラ。
バラは色によってさまざまな花言葉がありますが、「葉」「トゲ」にまで花言葉(葉言葉?トゲ言葉?)があることをご存知でしたか?

蕾は【愛の告白】
葉は【希望/あきらめないで】

そして、
トゲは【不幸中の幸い】

また、
トゲのないバラは
【プラトニックラブ】

バラを誰かに贈るときには
その本数までも意味があるそうなので、ちょっと気にしてみるといいかもしれませんね。

一目ぼれなら「1本」
IMG_0834告白なら「3本」

結婚してくださいは
「108本」!!

だけど、
本当に大切なのは
そういったことに囚われることなく、
心が通じ合うこと、思いやりあえること、なのだと思います。