西日本新聞に掲載されました!

先日15日(金)に取材を受けた記事が
西日本新聞・都市圏版本日(23日(土))掲載されましたー!!

※先日の取材風景 → http://hanahataengei.com/blog/diary_cat/903/

福岡市にお住まいの方は、
西日本新聞を愛読されていらっしゃる方も多いかと思います。
花畑園芸公園の情報がデーンッ!!と掲載されていたので
驚かれたかもしれませんね。

花畑園芸公園をこうして大きく取り上げていただくことなどほとんどなく、
まずは「花畑園芸公園」の名前を知っていただくことから
地道に草の根活動のようにひとつひとつ(&ひとりひとり)PRして
動いている状況でしたから。。。

(「はな・・はたけ?」「はなばたけ?」
・・・広報担当の心の中→“泣;;”)、

朝一番からたくさんのお問合せとご来場をいただき、
こうして一気に広がりを見せていることをとても嬉しく思います。


ただ、ひとつだけ、みなさまにお詫びがございます!!

大変申し訳ございません!!
桃の販売は先週で終了しております。。。

この新聞記事(下の写真)をご覧になって、
桃をめがけて駆けつけてくださった方がたくさんいらしたのですが・・・、
ほんとうに申し訳ありません。

この取材が行われたのが「7月15日(金)」、
そして記事の掲載が本日「7月23日(土)」、
この間、『8日間』のブランクがありました。

この記事では、
花畑園芸公園で栽培している桃の最後の品種「あかつき」の
収穫作業を取材していただきました。
この日(15日(金))を最後に今年の桃の収穫がすべて終了し、
今、次の果物である「ブドウ」が美味しくなるのを待っているところです。

そのため、
今のこの時期は販売可能な果物がまったくない状態となっています。

ほんとうにごめんなさい!!

スーパーマーケットやフルーツ屋さんのように果物がいつもあるわけではなく、
果樹園のように収穫量もそれほど多いわけではないため、
みなさまのご希望通りに果物を揃えておくことができないのが、
「公園施設である」という花畑園芸公園ならではの状況です。

どうか、心優しいみなさま、

ご理解いただけたら嬉しいです。

花畑園芸公園の桃はほんとうに美味しいので
(どの季節のどの果物もほんとうに美味しいです!!)
桃をお求めのみなさま、ぜひ、来年をご期待ください。

そして、これから収穫時期を迎える「ブドウ」、
さらに「いちじく」、「梨」「リンゴ」・・・と、
実りの秋にふさわしい果実の販売が始まります。

どうぞ、ご期待ください!!

そして、「今日は果物、なにかある?」
お気軽にお電話をお入れくださいね。
092-565-5114 (9:00~17:00/月曜休園(祝日の場合は翌日休園))

西日本新聞(7月23日都市圏版)

 

夏の水しぶき!

お待たせいたしました!
夏恒例!カスケード広場のシャワーが解禁となりました~!

今日は朝から子どもたちの楽しそうな声が輝きを増し、
水しぶきをあげながら、
今日初めて出会ったお友達とも一緒になって遊んでいますよ。
夏の日差を浴びながらキラキラ輝く笑顔は宝物ですね。

太陽は容赦なく照り付けますが、
カスケード広場の上のほうや、脇には涼しい木陰もベンチもあります。
目立たないけれど花畑園芸公園の避暑地として穴場です!

暑さに負けたら、おとなも一緒になって水しぶきをあげて遊んでくださいね。

今年の夏は今だけしか楽しめません。
どうぞ素敵な時間をお過ごしください♪

2IMG_2138シャワー

スタッフの仕事

公園、とひとくちにいっても、そこにはさまざまなお仕事があります。
普通の会社と同じように事務の仕事があったり、電話応対があったり。

さらに、花畑園芸公園は福岡市の公園施設で唯一の、
園内で栽培・収穫した果物を園内で販売しているという特殊な公園であるため、
果樹や花の栽培・管理から、収穫、選果作業、販売にいたるまでの
一連のさまざまなお仕事があります。

また、栽培するだけでなく、
園芸に関する講座を開催したり、園芸相談をお受けしたり、
知識も惜しみなく提供しています。

そして、
とっても目立たないのだけど、大切なお仕事として、
公園の清掃作業や草刈などのメンテナンス作業があります。

汗を流しながら黙々と作業を進めます。
炎天下の中、少ないスタッフで、
この広大な花畑園芸公園を整えていきます。

行き届かないことも多いかと思います。

しかし、コツコツ丁寧に、
クタクタになりながらも出来うる限りスピードUPして頑張っているのです。
もし、見かけたら心の中で応援してくださいね!

※草刈の作業中は危ないですのでお近づきにならないようにお願いします。

20160722 草刈作業-1 20160722 草刈作業-2

書籍のご案内

花畑園芸公園のホームページでもお知らせさせてください!

このたび、木下緑化建設株式会社(指定管理者)より、
『グリーンピアなかがわの昆虫』という本が発売となりました。

※木下緑化建設株式会社フェイスブック
 →https://www.facebook.com/kinoshitaryokuka/

この本はグリーンピアなかがわ周辺のデータですが、
花畑園芸公園にもたくさんの昆虫が生息していて、
とてもめずらしい種のものがいるらしいのです。
いつの日か、花畑園芸公園内のデータブックも発行されると良いですね。
これだけの果樹や花がある公園ならでは、の、発見がありそうです。

4ページ「はじめに」より(抜粋)
昆虫は全地球上の生物の中で最も多くの種を含む最大の生物群です。あらゆる環境にも何らかの種が適応し、世代交代も早いことからその生息する自然環境の変化をいち早く私たちに知らしめます。(中略)これから自然に親しもう、昆虫観察を始めよう、あるいは始めたばかりの方々は本書をぜひ十分に活用して自然の素晴らしさを知って欲しいと思います。 (監修・執筆・写真 : 福田 治)

お求め・お問合せは、
グリーンピアなかがわ(092-953-3373 担当:藤(とう)) または
木下緑化建設株式会社(092-551-0877 担当:藤田(ふじた)) まで
お気軽にお電話ください。

IMG_2079

木下緑化建設株式会社は、
「花畑園芸公園」の他に、お隣の「桧原運動公園」、
「グリーンピアなかがわ」(那珂川町)、「中ノ島公園」(那珂川町)の
指定管理運営をしています。

花畑園芸公園は、もぎたて新鮮旬のフルーツ、果樹や花の園芸相談、
桧原運動公園は、テニスや野球、体づくりに、
グリーンピアなかがわでは、キャンプやバーベキュー、山水プール、
中ノ島公園では、地産地消のお野菜やお弁当、川遊び、

・・・そして、
どの施設にも、広い芝生広場や木漏れ日広場がありますので、
ピクニックやハイキングにもぜひご利用ください。

※それぞれの施設のリンクを貼っています。( ↑ 施設名をクリック ↑ )
 ホームページやフェイスブックの情報をぜひご活用ください! 

取材を受けました!

西日本新聞を購読されている方も多いかと思いますが、
な・ん・と!
その西日本新聞社の記者さんが花畑園芸公園の取材に来てくださいました!
週に一回、福岡の街を紹介するページがあって、
そこのメイン記事にピックアップしてくださるそうです。嬉しい~!!

掲載予定日は7月23日(土)!!
ぜひ見てくださいね!!

果樹を栽培し、完熟した果実を収穫し、
収穫したその日には売店「花畑マルシェ」で販売をする、という
特殊公園である花畑園芸公園の魅力を存分お伝えしました。

「あかつき(桃)」の収穫作業、
その後の選果(せんか:果物の選別をする作業のこと)、
それから売店「花畑マルシェ」、園芸相談コーナーなど
たくさん取材していただきましたよ!

新聞紙面の関係上、文字数や写真掲載数などに限りがあるでしょうから
どこまでどんな記事が掲載されるのか・・・楽しみです♪

※取材風景を独自に取材しました(笑)
一部をご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_1993 IMG_1998 IMG_2007 IMG_2030

 

まちどおしい秋の味覚

園内を歩くと、
秋の味覚たちがどんどん実をふくらませている姿を
みかけるようになりました。

雨の多い時期ですから、
あまりゆっくりと園内散策というわけにはいかないけれど、
今日は久しぶりの晴れ
涼しいうちに朝の散歩・ウォーキングはとても気持ちの良いものです。

展望台1階売店『花畑マルシェ』には、
甘くて美味しい(ほんとうにジューシーなんですよ!!!)「桃」
並んでいますが、

「桃」の時期は終わりに向かい、
そろそろ「ぶどう」の時期が近くなってきました。

ぶどうが出始めたら、「梨」「いちじく」も美味しい季節の到来。
そうしているうちに、「リンゴ」「栗」、「柿」、「みかん」・・・

食べるのが追いつかないくらい(笑)、秋の味覚があふれてきますよ!!

花畑園芸公園のフルーツはとても美味しいと大評判!
まだ買ったことがない、という方がもし、まわりにいらっしゃったら、
お誘い合わせの上、花畑園芸公園にお越しくださいませ♪

下のお写真は、たわわに実っている「栗」と「リンゴ」。

まだまだこれから色づいてくる秋の味覚です。
こうして果物たちの成長を見守っていけることは
とても幸せなことだと感じます。

四季を通して、花が咲き、実がなって、
その実が大きくなっていく果樹そのものの育成の流れを
愛しんでいただけたら幸いです♪

ありがとうございます。

IMG_1956 IMG_1962 IMG_1952 IMG_1953

水菓子

くだものは「水菓子(みずがし)」と呼ばれることがあります。

その昔、果実や木の実は「菓物(くだもの)」と呼ばれていたそうです。
今の世の中のように「お菓子」というものは存在せず、
甘い果実をおやつにたべていたのでしょう。

大陸から「唐菓子」や「南蛮菓子」が伝わってから、
本来の果物は「水菓子」と呼ばれるようになったとか。

「水菓子」と呼ぶに一番ふさわしいのが、
『桃』『スモモ』といった今の時期の果物ではないでしょうか。
(暑い日に冷たく冷やして食べたい『メロン』や『すいか』もそうですね)

花畑園芸公園の売店「花畑マルシェ」には
今日(7月9日(土))も『桃』『スモモ』が仲良く並んでいます。
収穫したその日の午後には、
もぎたて新鮮ジューシーな“水菓子”たちが並ぶ「花畑マルシェ」。

今回で「ソルダム」という、
果肉が真っ赤でジューシーなスモモの品種はおしまいになります。
来週は「太陽」という果肉が乳白色のスモモの収穫が始まります。

さまざまな品種の食べ比べができるのも、花畑園芸公園の魅力!!

まだ花畑園芸公園にきたことがない人や、
その存在すら知らない人に教えてあげたい!!

みなさ~ん、身近にいらっしゃる知人友人が
「はなはたエンゲイコウエン・・・?」とキョトンとしたら、
花畑園芸公園をぜひPRしてくださいね♪

今、知っておかないと、
これからの美味しい秋の味覚シーズンに損しますよ~!

20160702 すもも-4

収穫から販売まで

今日は久しぶりに売店「花畑マルシェ」に果物が並びました!
今の時期は、なんといっても『スモモ』ですよね。
品種は、みずみずしくて酸味と甘みがベストマッチの「ソルダム」。

今朝、園内で収穫したばかりの、
もぎたて新鮮フルーツを園内で買うことができる公園なんて
福岡市内ではここだけッ!です!!

朝からまぶしい太陽が照りつけ、きがつくと汗が流れる気温の中で
作業員さんたちはサクサクと仕事をこなします。

私たちがひとりひとり違うように、
果物もひとつひとつ、その顔に個性があります。
丸くてツヤがあってみるからに美味しそうなものもあれば、
ちょっと傷ついてしまったものがあったり、
形や色がまちまちだったりもします。

(それが「1級品」や「2級品」といった値段の差になります。)

丁寧にひとつひとつ、仕分けし、パック詰めして、
売店「花畑マルシェ」に並ぶ頃には、
スモモたちがすっかり主役の顔になっているから不思議!

作業員さんたちの愛情がたっぷり込められています。
どうぞじっくりご賞味ください♪

20160706 スモモ収穫作業-2IMG_1800IMG_1796

職場体験!

福岡市内の中学生が職場体験に来ています。
今どきの子どもたちはいろいろな経験ができていいですね。

職場体験というのは、小中学生が教育課程(課外学習)の一環で
将来への職業観を身に付けることを目的として実施されるものです。
実際に職場を訪れ、実際に業務を体験することで、
「仕事」についてとはどういうものかを知り、感じてもらいます。

花畑園芸公園での職場体験の良さは、
なんといても果樹に触れることができること!

公園とひとくちに言っても、その業務内容は多岐に渡ります。
普通の会社のように事務職もあれば、
公園清掃や花壇整備といった大切な仕事もありますが、
花畑園芸公園はなんといっても果樹作業が豊富!!

今日はそのなかでも、
「ミカン」の木に必要な作業を体験してもらいました。

2~3年の幼木は、実がなっても全部摘果してしまいます。
(*摘果(てきか) : 果実を小さいうちに間引くこと)

もったいないように感じますが、
木そのものを大きくするために、
幼いミカンの木に成っている小さな実を全てを取り去ってしまいます。

5年経てば木も大きくなり、美味しい実が成るとのこと。

そんなことも学びながら学生さんたちは元気に働いています~!

今回の中学校は2日間の体験です。
熱中症に気をつけて、楽しく頑張ってくださいね!

IMG_1782 IMG_1772 IMG_1780

 

 
 

カブトムシ

子どもたちに大人気のカブトムシ
先日は大きなオスが、そして今日はちょっと小柄なメスがいました。
(苦手な方はごめんなさい!!(笑))

『カブトムシの成虫はクヌギ、コナラなどの広葉樹のきまった樹液を餌にする。昼のうちにこれらの樹皮が傷つき樹液が染み出している箇所を見つけておき、夜から朝方にかけてそこに行くと、カブトムシが樹液をなめているところを捕まえることができる』(wikpediaより抜粋)

・・・とのことですよ!

花畑園芸公園にはたくさんのカブトムシが生息しているようなのですが、
みなさんは見かけましたか?
きっと夏休みには、子どもたちがたくさん見つけてくれることでしょうね。

昆虫の王様、カブトムシは高い価格で販売もされているようですが
昆虫好きな子どもには、
やはり自然のなかにいるカブトムシを見つけて欲しいですよね。

このメスを見つけてくださったのは、
いつも花畑園芸公園内の景色や花や蝶などを撮影してくださるお客様。

また素敵な情報をお待ちしています♪
IMG_1721 IMG_1724