りんご千秋

千秋は昭和41年に秋田県果樹試験場で「東光」に「ふじ」を

交配し生まれた実生を育成し、「レッドゴールド」に高接し

結実したものから選抜された品種で、秋田県千秋公園にちなんで

命名されたとされています。

早生のりんごで、公園では9月上旬から収穫しています。

果汁が多く甘味、酸味共に強いので、全体にバランスが取れた

美味しいりんごです。皮が薄いので皮ごと丸かじりできます。

りんご千秋1

りんご千秋1

りんご千秋2

りんご千秋2

りんご千秋

りんご千秋

ポポー

珍果樹、ポポーの実が熟しました。

ポポーは明治のころ日本に来た北米原産の果物で、味はマンゴーとバナナと

パイナップルを足して3で割ったような味です。

人によって好みは微妙ですが...珍しい果実です。

ポポーの実

ポポーの実

ポポーの実の中身

ポポーの実の中身

アーモンド

アーモンドの実が熟して落ち始めました。果肉は食べられませんが中の種の

そのまた中の仁が私たちが普通目にするアーモンドです。

アーモンドの実

アーモンドの実

アーモンドの種を干す

アーモンドの種を干す

アーモンドのアップ

アーモンドのアップ

アーモンドの実

春に桜の花とともに楽しませてくれたアーモンドの実も

すっかり熟してきました。

アーモンドの実

アーモンドの実

IMG_2580

巨峰(きょほう)

きょほう

きょほう

「ぶどうの王様」とも言われる定番の大粒葡萄です。

ネオマスカット

酸味が少なく、皮は薄めで弾力のある肉質が特徴です。

マスカット特有の気品ある香りの葡萄です。ネオマスカット

 

宝満(ほうまん)

ほうまん

ほうまん

あっさりした甘みの黒葡萄です。

福岡で育種された品種で、その名前は筑紫野市と太宰府市にまたがる「宝満山」に由来します。

 

藤稔(ふじみのり)

ボリュームのある大きな粒で、果皮の紫黒色が特徴です。

粒の大きさはかなりの迫力です。果汁が豊富でみずみずしく、甘さと酸味のバランスも最高です。藤稔 

「ドーフィン」

先日、いちじくが少しだけ収穫されました。

ただ、「花畑マルシェ」に並ぶにはあともう少し。
来月になったら、いちじくブドウが収穫時期を迎えるので、
「花畑マルシェ」が賑わうことになると思います。

いちじくは「桝井ドーフィン」という品種。
日本でもっともシェアの高い品種なので、
八百屋さんやスーパーマーケットでも良く見かけるのではないでしょうか?

さっぱりした風味、優しい甘みを楽しめます。
いちじく好きな方はプチプチとした食感も楽しみのひとつかもしれませんね。

いちじくを漢字で書くと「無花果」。
「花がない果実?」・・・それはどうしてでしょう?

いちじくは、春から夏にかけて果実の中に白い花が咲き、
そのまま肥大するのですが、外側からは花が見えないために
この字が当てられたそうです。
(「からだにおいしいフルーツの便利帳」(高橋書店)より抜粋)

果実のことを漢字から学ぶのも面白いものですね。

IMG_2194